子育て記録あれやこれ

0歳児の子育て記録を中心に愛知県の子どもと行ける遊び場やスポット、ランチ&カフェのお店情報を発信します★

離乳食の白身魚を探し。魚屋の下処理サービスが便利だった話

こんにちは。ノコです。

離乳食で使う白身魚を購入しに大府市にあるげんきの郷「魚太郎」へ行ってきました。

 

離乳食用の白身魚を買う

離乳食初期の白身魚といえば、代表的なのが鯛、ヒラメ、カレイ、しらす…。簡単なのはお刺身で購入すること。

f:id:meguharuo:20200923223236j:plain

 

鯛を離乳食にして、まぐろとはサーモンはパパの夕食にするか?

ふと横を見ると

天然鯛!!!300円!!!

f:id:meguharuo:20200923223303j:plain

 

新鮮だし安いしこれがいい!!

しかし私、魚をさばいたことがない…。これをどう離乳食までもっていくのか。

 

迷っていたら店員さんが「下処理する?」と聞いてくれました。

 

そうだ!!魚屋さんには下処理サービスがあった!!

ということで「身だけにしてください」とお願いしました。

 

下処理サービスって今まで頼んだことがなくて思いつきもせず(;'∀') 

初めて利用しました。

 

300円の鯛、無事身だけにしてもらえました~!!

f:id:meguharuo:20200923223706j:plain

これが二切れほど。売られていたのからずいぶんと小さくなったけれどお願いしたとおり本当にきれいに身だけになってて、さすがプロ…改めて下処理サービスのありがたみ&便利さを知りました。

 

下処理サービスって??

ところで実際下処理ってどんなことをしてもらえるのかというと、

調理サービスには、一例として以下のようなものが含まれる。
  • エラ・ウロコ取り 頭落とし お腹出し(内臓取り) 開き 二枚おろし、三枚おろし 切り身 冊の刺身のスライス 貝の殻むき、イカの皮むき

サービス内容はお店によって異なるそうですが、切り身までくらい処理なら無料の所が多いそう。

こんなに色々やってくれるとは知りませんでした。

 

サービスをしてくれる魚屋とは?

どこならやってくれるのかというと、イオンやイトーヨーカドーなど大型スーパーから地域密着の中型スーパーまで、「鮮魚売り場」があるところならだいたい引き受けてくれます。意外とどこにでもあるサービスと知り、なんで今まで利用しなかったんだと後悔。

勝手なイメージで処理を頼めるのは大きな魚(値段の高いやつ)だけだと思ってました。

 

魚が苦手な私にとっては、頭を落とし腹を開いて内蔵を取り除くってだけでも気が滅入る大仕事。あとニオイきつめな生ごみが出るのも地味にツライ。

でもこの下処理サービスを使えば、あの処理もしなくて済むんですねー!魚を買うハードルが下がりました。

 

ただスーパーはどの魚までならやってもらえるのかまでは表記されていませんでした。特売とかの魚でもいいのかな?声かけるの勇気要りますね。

げんきの郷では「下処理サービスはできません」のコーナーがありました。かご盛はだめみたいです。わかりやすくていい…

f:id:meguharuo:20200924111753j:plain

 

余った鯛は夕飯に

残った鯛は、夕食に。刺身などの生魚が苦手な私はムニエルにして頂きました。

f:id:meguharuo:20200923230722j:plain

 

まとめ

魚屋さんの下処理サービスがめちゃくちゃ便利!手間が省けすぐに調理にかかれるので魚の苦手な人だけじゃなく、忙しい人には嬉しすぎるサービスでした。慣れるまでは声をかけるのも緊張するけど、ぜひ使っていきたいサービスです^^

 

 

 お読みいただきありがとうございました。