子育て記録あれやこれ

0歳児の子育て記録を中心に愛知県の子どもと行ける遊び場やスポット、ランチ&カフェのお店情報を発信します★

0歳から楽しめる!雨の日や暑い日に快適な名古屋から1時間の屋内遊び場 森のわくわくの庭(安八郡)

こんにちは。ノコです。

息子が1歳すぎて歩き回るようになった3月頃、

弟家族と一緒に安八郡輪之内町にある時間無制限で遊べる室内遊び広場

「森のわくわくの庭 輪之内店」へ遊びにいってきました(^^♪

 

f:id:meguharuo:20210730224640j:plain

わくわくの庭 輪之内店

森のわくわくの庭があるのは岐阜県安八郡輪之内町

名古屋からだと伊勢湾岸自動車道(東海~湾岸長島)を利用して

約1時間ほどで行く事ができます。

 

イオンタウン輪之内ショッピングセンターの一角にある

雨天でも炎天下でも遊べる巨大な屋内遊び場です。

有料施設ですが低価格で時間無制限。

 

とにかく広い!そして木製の遊べる遊具やおもちゃがたくさんある

子連れファミリーにはめちゃくちゃ嬉しい施設なんです。

 

また輪之内店のほかに系列の養老店があります。

養老店はまだ行ったことないのですが、

HPを見ていると輪之内店のほうが乳児向きかなと思います。

輪之内店は息子が1歳すぐ、歩き始めてまもない頃でも十分楽しめました。

 

森のわくわくの森の料金は?

  • 大人(13歳以上) 600円
  • 小人(3歳~12歳) 600円
  • 小人(0歳~2歳) 0円

※+300円で輪之内店⇔養老店をハシゴすることが可能。

 

入口で料金を支払うとリストバンドが貰えます。

トイレは施設外にあるため、出入りは自由。

近くにはビック(食料品店)もあるので買い出しも。

 

施設内容

施設内は裸足エリアと土足エリアに分かれています。

中央に大きな人工芝広場、その周りを土足で歩ける廊下があり、

廊下を挟んで仕切り分けされた目的別の遊び場が広がっています。

 

 

f:id:meguharuo:20210730180242j:plain

土足エリアと裸足エリアと分かれていましたが、

いちいち靴を脱ぐのがめんどくさくて土足エリアもほぼ裸足(;^ω^)

そんな人がたくさんいました。

子どもにここは土足だよ?なんて言ってもきかないですしね…

本当にキレイなのかどうかはさておき、

裸足で歩いていても泥や砂など気になる感じはありませんでした(笑)

 

芝生エリア

中央に広がる人工芝エリア。とにかく広い。

でこぼこしていたり、切株があったり木のタワーがあったり。

走り回ってる人や寝転がってる人も。とにかく自由。

f:id:meguharuo:20210731000830j:plain

f:id:meguharuo:20210731000938j:plain

 

初めて傾斜を経験した息子。おそるおそる歩き出すも

バランスが取れずにおっとっと!!勝手に足が坂を下っていきます。

f:id:meguharuo:20210731001521j:plain

そっちに行きたいわけじゃない!!と踏ん張るもこのあと転倒(笑)

 

転んでもケガしないのは芝生の良い所ですね(^^♪

あんなに危なっかしい感じだったのにすぐに慣れて

帰る頃には元気よく走り回ってました。

ほかにもタオルケットを敷いて赤ちゃんを寝ころばせていたり、

ハイハイ練習してたり小さくても十分楽しめます。

 

ボールプール

木のボールで遊べるエリア。

f:id:meguharuo:20210730230305p:plain

くぼみになっているボールプールに入って遊んだり、

壁にあいた穴に入れると全く違う所から転がり出てきたり。

f:id:meguharuo:20210730230408j:plain
f:id:meguharuo:20210730230420j:plain
f:id:meguharuo:20210730230550j:plain

 

奥にある小屋の屋根は複数の溝がついていてボールを転がすと

雨どい?(この場合玉どい?)を伝って落ちるといった仕掛けも。

子ども達は夢中で流し続けてました。

こういう単純な仕掛けが楽しいお年頃です。

 

まくらの森

木くずを詰め込んだ枕が山積みになったまくらの森。

f:id:meguharuo:20210730230921j:plain

 

掴んで投げたり、乗り越えたり、積んで石垣をつくったり。

f:id:meguharuo:20210730231134j:plain

石垣の奥では姪っ子が「もっと高く~!!」と現場監督(笑)

枕自体はめちゃくちゃ軽いけれどものすごく体力を奪われます(;^ω^)

 

多目的エリア

絨毯敷きのとにかく広い多目的エリア。

f:id:meguharuo:20210730231613j:plain

フラフープや木製の乗り物が置いてあって自由に使えます。

木製の乗り物はかなり人気。常に誰かが遊んでいました。

f:id:meguharuo:20210730231707j:plain

 

モルック

フィンランドの伝統的な遊び「モルック」が出来る広場

モルックの道具や得点板などがありましたが遊び方が難しいため

年齢の高い子ども達が大人と一緒に遊んでいました。

 

木の迷路

子どもサイズの木の迷路。けっこう本格的なつくり♪

f:id:meguharuo:20210730232308j:plain

息子にはまだ難しく未体験のまま終わりました。

大人は上からのぞきながら見守ることができます。

遊び場エリア

おおきな滑り台やウォールクライミングがある遊び場エリア。

月齢に合わせた遊びをすることができます。

f:id:meguharuo:20210730233443j:plain

 

サイコロ積み木をしたり、滑り台をしたり、半月クッションであそんだり。

f:id:meguharuo:20210730233540j:plain
f:id:meguharuo:20210730233537j:plain
f:id:meguharuo:20210730233655j:plain

次から次へと遊びまわる息子と姪っ子。

興味がそそられるものがありすぎて遊び迷子になっている息子。

とにかくあっちへうろうろ~こっちへうろうろ~!!

 

すくすくエリア

低月齢の子も安心して遊べるすくすくエリア。

ハニカム構造で区切られたスペースには卵型の木のボールプール。

小さめの滑り台とジャングルジムもあります。

f:id:meguharuo:20210730233950j:plain

 

この奥は赤ちゃんスペース。オムツ替え台や授乳ルームになっています。

 

食べ物の持ち込みは?

一日いようと思ったら気になるのは食事のこと。

森のわくわくの庭は基本的にお菓子などの持ち込みはできません。

 

食べ物で持ち込みができるのは市販の離乳食、飴・タブレットのほか、

蓋ができる飲料(ペットボトルやベビーマグ、水筒)のみ。

 

おやつ全般やパックジュースの持ち込みが出来ないのは

ちょっと厳しいなぁと思ったけれど

遊具や道具を綺麗に保つためには必要なことですもんね。

 

どうしても赤ちゃんせんべいやボーロなどを食べさせたい時は、

一旦外に出てベンチで食べるという手もあります。

 

飲食は?

その代わり食べるものは中で買えます。

ご飯系は2店舗、そのほかスイーツや軽食ブースもあります。

今回頼んだmoriwakucafeのメニューは

  • 親子セット 1,250円

大人メニュー+子どもメニュー+ドリンクのお得な親子セットです。

f:id:meguharuo:20210730235529j:plain

f:id:meguharuo:20210730235717j:plain
f:id:meguharuo:20210731000010j:plain

 

結構しっかりしたお子様プレートでした(^^♪

カレーは大盛。大人メニューはどれも大盛にできます。

 

 

飲食ブースにはベビーチェアもあり自由に使えました◎

ただ残念なのは飲食用テーブルが少ないこと。

時間帯によってはかなり混んでしまいます。

 

その他

他にもイベントスペースではおやこ実験教室やワークショップなどを

開催していたり、赤ちゃんハイハイレースなんかも行っています!

ハイハイレースやってみたかったなぁ…( ;∀;)

 

まとめ

森のわくわくの庭は小さな子どもがいる我が家にとって、

一日中楽しめる最高に便利でナイスな屋内遊び場です。

屋内なのに広くて開放的&遊べるものがたくさん。

雨や炎天下で外遊びが難しい時はとくに遊びにいきたいスポットでした。

 

 

森のわくわくの庭 輪之内店へのアクセス

・住所 安八郡輪之内町四郷280番1 イオンタウン輪之内SC内

・電話 0584-69-5780

・営業時間 10:00~17:00

・定休日 水曜、夏季冬季休業日

・駐車場 あり