子育て記録あれやこれ

0歳児の子育て記録を中心に愛知県の子どもと行ける遊び場やスポット、ランチ&カフェのお店情報を発信します★

急な発熱と胃の痛み

こんにちは。ノコです。

先週日曜から38℃前後の発熱と悪寒、腹部の痛みが続いています。

 

 

症状としては、発熱、悪寒と背中の痛み、みぞおち(胃?)を締め付けるような痛みと息苦しさ、下痢、そして倦怠感。

 

風邪によくある咳や鼻水、喉の痛み、頭痛などの症状はなく、またコロナ特有の味覚や嗅覚異常もなし。

 

 

とにかく熱がさがらないのと胃が痛いので翌月曜に診察を受けるべく病院に電話しました。38℃越えの発熱ありと伝えた所、症状を確認され看護師から折り返しを待つことに。

 

 

看護師さんには症状の詳細など問診と服用中の薬の説明をしてさらに待機。しばらくしてやっと診察時間が決まりました。

 

電話口でいろんな質問を受けました。通話時間にして10分近く。

発熱ってだけでも大変なことになるんですね。

しかもコロナの疑いも拭えないということで車内診察対象に( ;∀;)

痛みに耐えられなかったのでそれでも予約が取れただけほっとしました。

 

 

時間がかかると言われたので息子を預けて病院へ向かい、言われた通り入り口に車を横付け。到着の電話をかけると、防護服にフェイスガード、マスクの完全防備な看護士さんがきてくれました。

 

まさにテレビで見たことあるやつ。

 

しかも病院入り口真正面でやるから通行人の注目浴びまくりだし(´;ω;`)

これ何とかならないものですかね。

田舎なので誰に見られるかわからないと思ったらヒヤヒヤしました。

 

 

コロナの抗体検査はインフルのように綿棒で採取するものでした。

f:id:meguharuo:20211014065332j:plain


ただ鼻から入れて喉にあたるまで綿棒を入れないといけないもの。
しかも自分で。

たしかに鼻と喉って繋がってるけど貫通させたことないし怖すぎ(´;ω;`)

 

車の窓を閉めてやったんですが、

窓越しの看護師さんが「もっと入れて、もっと!」とジェスチャー

 

怖いし痛いしでオエオエ言いながらOKでるまで入れ続けるのはかなりきつかったです。


喉まで入れたらさらに綿棒を5回転。これがまた辛い。
そしておそるおそる抜き取ってマスクをつけ窓を開けて綿棒を渡しました。

 

 

検査結果がでるまで15分ほど。

 

 

陰性でした。

 

なんとなく「でしょうね」って思っちゃった。

風邪症状ないし、痛いのは内臓だし…。

でも一応発熱があるとやらないといけないんですよね。

 

 

コロナの疑いが晴れたということで院内へ通してもらえて診察。

尿検査で潜血があったことでやはり内臓系が疑わしいとのことでしたが

血液検査をしてみても膵臓・肝臓ともに数値は異常なし。

 

  • 痛みはみぞおちから左上腹部にかけて
  • 背中にも痛みあり
  • 悪寒
  • 下痢
  • 発熱

 

ネットで検索したときには膵炎の症状に当てはまっていると思ったけどどうやら違うらしい。

 

じゃぁこの胃周辺の痛みはなんなのか!?

 

 

処方されたカロナールと胃薬で熱は下がり多少緩和した気もするけど

常に痛みはあるし時々立っていられないほどの激痛に襲われます。

 

内臓系の痛みで診察を受けたことがないので、

「数値も異常ないし、胃に負担をかける食事は控えて様子見ましょう」って言われて何も言えず。

 

貰ってる分の胃薬飲み終わっても痛みが治まってなかったら次はもっと詳しい検査?

その時は自発的に言えばいいの…?

 

安静にって言われても息子は変わらず元気だし横になんてさせてくれないし

朝は多少よくても蓄積していく日中の疲れで夜には悪化のパターン。

 

 

5日目でも痛みが治まらず不安になってきました。