子育て記録あれやこれ

0歳児の子育て記録を中心に愛知県の子どもと行ける遊び場やスポット、ランチ&カフェのお店情報を発信します★

網戸で遊ぶ1歳児に。掃き出し窓用のベビーガード(転落防止柵)を手作りしてみた

こんにちは。ノコです。

天気の良い日は窓を開けて風通ししたいけれど、

1歳3か月の息子、めちゃくちゃ網戸で遊びます…

f:id:meguharuo:20210524171302j:plain

網戸で遊ぶようになった問題

窓を開けるようになって初めて網戸に触った息子。

びくともしなかったガラス戸と違ってガタガタ音がするし、

網部分は押すとぐにぃ~と伸びるのが楽しいのか

もたれ掛かってみたりどんどん叩いてみたり

ついに遊び道具のひとつになってしまいました。

 

網戸が外れたりしないか、

網戸が破れたり伸びたりしないかヒヤヒヤ。

 

そばについている時だけ窓を開けるようにしたり

ひとりで窓に近づかないよう注意していました。

 

でも風通しの為にはあけっぱなしにしておきたい。

なにか対策はないものか考えてみたものの

 

ネットでいろいろ検索してみても

掃き出し窓のベビーガードや大きめの窓の転落防止用柵は

ベビーゲートほど種類がなく…

 

色々考えて手作りすることにしました(*'ω'*)

実際に作ってくれたのは裁縫大得意なばあばなんですけどね(;^ω^)

 

準備するもの

 
材料
  • 突っ張り棒 2本
  • 好きなカーテン生地
 我が家の掃き出し窓は横幅160㎝なので、

突っ張り棒は幅110~190㎝(耐荷重は45~15㎏)を選択。

1歳児くらいなら耐えられるんじゃないかと予想して製作しました。

 

カーテン生地は名古屋市東区にある「大塚屋 車道本店」で端切れを購入。

2.5mで500円と激安でした。

端切れコーナーって安いし掘り出しものがあって超オススメです!

 

作り方

横長にカットしたカーテン生地を2枚用意します。

両端を処理して、中表で上下を縫い合わせたあと

生地をひっくり返して突っ張り棒を通す用の穴を縫います。

最後に両端を縫い合わせたら完成。

f:id:meguharuo:20210524235210j:plain

 

突っ張り棒の伸縮を調節するつまみが飛び出ているので、

穴は大きめにつくると◎。

直径ぴったりで作ったら失敗しました(-_-;)

 

全体図はこんな感じです。

f:id:meguharuo:20210524235201j:plain

 

設置してみました。

f:id:meguharuo:20210524171620j:plain

 

外から見ても、中から見ても絵柄がくるようにすると、

見栄えもバッチリ。

ポイントは息子が立った時に外が見える高さにしたこと。

f:id:meguharuo:20210524171707j:plain

掃き出し窓だと横幅が結構あるので

突っ張り棒だけで支えられるのか心配でしたが

今のところ息子が掴んで揺らしてもびくともしません。

 

柵部分も厚手のカーテン生地を2枚合わせているのでとっても頑丈。

たまたま気に入る絵柄があったからではあるけれど

違和感ない窓用の転落防止柵が出来上がりました(*'ω'*)

 

万が一手をかけやすい上段の突っ張り棒で遊んでいても、

下段も同時に外れることは少ないだろうし

網戸が外れて落ちたり転がり出る前には気付けるかな。

(私次第…?)

 

これでやっと窓が開けられます。

これから梅雨だけど~(´;ω;`)

 

とりあえずはこのお手製のベビーガードで様子を見てみて、

危なそうなら市販の転落防止柵を買おうと思っています。

 

 

お読みいただきありがとうございました(#^^#)